残存歩行者には注意しよう!

青信号で進む場合には横断歩道の残存歩行者に気を付けてください。
歩行者にももちろん交通ルールはありますし赤信号では通行する事はできません。
青から赤に変わるときには青色の信号が点滅しますのでこの時点でまだ横断報道に差し掛かっていない方は横断歩道を走行数る事ができません。
もうすでにわたっている方は急いで渡り切らなければいけませんがお年寄りの場合は交通ルールを守っていても、歩くのが遅いために赤になってもわたり切れないこともあるのです。

もしも車が青だからと言って歩道を確認せずに通行してしまいますと歩道に残っている方を轢いてしまう可能性もあります。特に夜間ですと見落として轢くリスクが高くなります。
実際にお年寄りが歩道で轢かれるという事故が多いのです。
またお年寄りでなくても人によっては点滅信号の時に無理に走って渡ろうとする人もいます。このような人にも気を付けてください。
もう赤なのに歩道に残っているとイライラするかもしれませんが、ここは広い心を持つようにしましょう。
その人が車の前の過ぎ去るまで待っておいてください。
歩行者は車に比べると弱い立場です、車と衝突した時には必ず歩行者が犠牲になる事を忘れてはいけません。

コメントは受け付けていません。