信号に対する注意について

信号は必ず守らなければいけません。
どれだけ人の通らない道路でも赤であれば止まらなければいけません。もしも破ると例え犠牲者がいなくても交通違反となります。
もしもこれが違反とならないのであれば必要性が無くなってしまうからです。
それでは逆にこれさえ守っていればいいのでしょうか、それも違います。
基本的には青の場合は進行してもいいという意味になります。しかし急に歩行者が飛び出してきた場合には止まらなければいけません。


田舎01
もしもこれで歩行者を引いてしまった場合にはいくら自分の目の前が青であっても運転している人の不注意となり損害賠償の対象となるのです。
守っていれば何があっても自分の責任にはならないという事は有りません。
自分の目の前では青であっても歩行者の横断歩道も青である可能性もあります。
左折をするときには特に注意してください。
あと故障している場合には警官が手で交通整理をする場合がありますがその指し示す意味をきちんと理解しておいてください。
必ず教習の時に習っているはずですが忘れた時にはネットなどを見て再確認して復讐をするといいでしょう。
基本どのような色であっても危険があると思て運転をしてください。
これは安全につながります。

コメントは受け付けていません。