みきり発進は危険です!

みきり発進は非常に危険な事ですのでやめてください。
これはもうすぐ目の前の信号は青に変わるだろうと読んでまだ赤であるのにも関わらず発進してしまうことを指します。
交差する信号が赤に変わりますともう走行を邪魔するものはいないと思い、走ってもいいと自分で判断する方もいるのです。
この場合自分の目の前の信号も青であればいいのですがそうでない場合は大問題になります。

大体の信号はそうなのですが交差する信号も自分の目の前の信号も両方が赤になる期間少しが設けられていることも多いのです。
もしもこの間に走行してしまうとわたり切れなかった残存歩行者をひいてしまう可能性もあります。
また交差する信号のみならず他の道路から車や歩行者がやってくることもありますので非常に危険です。
あくまでもどのような時にも車の運転をするときには目の前の信号走行するようにしてください。
もしも見切り発進するように後ろからクラクションで催促されたとしてもそれに従ってはいけません。
信号の長さなどはその道路の交通状況なども考えて事故が起こらないように調節されているのです。
見切り発進してしまいますともちろん信号無視になるため警察に捕まり罰金や罰則の対象になります。

コメントは受け付けていません。