‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

残存歩行者には注意しよう!

2015/05/25

青信号で進む場合には横断歩道の残存歩行者に気を付けてください。
歩行者にももちろん交通ルールはありますし赤信号では通行する事はできません。
青から赤に変わるときには青色の信号が点滅しますのでこの時点でまだ横断報道に差し掛かっていない方は横断歩道を走行数る事ができません。
もうすでにわたっている方は急いで渡り切らなければいけませんがお年寄りの場合は交通ルールを守っていても、歩くのが遅いために赤になってもわたり切れないこともあるのです。

もしも車が青だからと言って歩道を確認せずに通行してしまいますと歩道に残っている方を轢いてしまう可能性もあります。特に夜間ですと見落として轢くリスクが高くなります。
実際にお年寄りが歩道で轢かれるという事故が多いのです。
またお年寄りでなくても人によっては点滅信号の時に無理に走って渡ろうとする人もいます。このような人にも気を付けてください。
もう赤なのに歩道に残っているとイライラするかもしれませんが、ここは広い心を持つようにしましょう。
その人が車の前の過ぎ去るまで待っておいてください。
歩行者は車に比べると弱い立場です、車と衝突した時には必ず歩行者が犠牲になる事を忘れてはいけません。

みきり発進は危険です!

2015/05/25

みきり発進は非常に危険な事ですのでやめてください。
これはもうすぐ目の前の信号は青に変わるだろうと読んでまだ赤であるのにも関わらず発進してしまうことを指します。
交差する信号が赤に変わりますともう走行を邪魔するものはいないと思い、走ってもいいと自分で判断する方もいるのです。
この場合自分の目の前の信号も青であればいいのですがそうでない場合は大問題になります。

大体の信号はそうなのですが交差する信号も自分の目の前の信号も両方が赤になる期間少しが設けられていることも多いのです。
もしもこの間に走行してしまうとわたり切れなかった残存歩行者をひいてしまう可能性もあります。
また交差する信号のみならず他の道路から車や歩行者がやってくることもありますので非常に危険です。
あくまでもどのような時にも車の運転をするときには目の前の信号走行するようにしてください。
もしも見切り発進するように後ろからクラクションで催促されたとしてもそれに従ってはいけません。
信号の長さなどはその道路の交通状況なども考えて事故が起こらないように調節されているのです。
見切り発進してしまいますともちろん信号無視になるため警察に捕まり罰金や罰則の対象になります。

信号の種類と特徴

2015/05/25

信号機にはいろいろな種類があります。たとえば、スクランブル交差点と呼ばれる交差点の信号機は、横断歩行者と自動車の交通を完全に分離させるように点灯します。これは横断歩行者があまりにも多いので、クルマが曲がることができないような交差点に設けられます。渋谷のスクランブルは世界的にも有名ですね。


田舎02

また、時差式信号と呼ばれる信号機あります。これは右折車のために直進の信号機は赤となった後も、右折側の信号機は青のままで、右折車は直進車を気にすることなく安全に右折することができます。ただ、このタイプの信号機は、片方の側の信号しか時差式となりませんので、交通量の多い側が時差で右折しやすいように設定されています。両方の側の右折車が直進車が停車した後に右折できるのはセパレート信号です。すべての信号が赤になった後、右側に矢印が出て、直進車が停車しているときに右折することができます。

また、このセパレート信号は、右折だけではなく、直進、左折、斜め方向など、様々な方向への進むように指示します。さらに感応式信号と呼ばれるものもあります。これは通常は赤信号となっており、クルマが信号機の前に停車すると、それを感知して、一定時間の後に信号機が青に変わるようになります。

信号に対する注意について

2015/05/25

信号は必ず守らなければいけません。
どれだけ人の通らない道路でも赤であれば止まらなければいけません。もしも破ると例え犠牲者がいなくても交通違反となります。
もしもこれが違反とならないのであれば必要性が無くなってしまうからです。
それでは逆にこれさえ守っていればいいのでしょうか、それも違います。
基本的には青の場合は進行してもいいという意味になります。しかし急に歩行者が飛び出してきた場合には止まらなければいけません。


田舎01
もしもこれで歩行者を引いてしまった場合にはいくら自分の目の前が青であっても運転している人の不注意となり損害賠償の対象となるのです。
守っていれば何があっても自分の責任にはならないという事は有りません。
自分の目の前では青であっても歩行者の横断歩道も青である可能性もあります。
左折をするときには特に注意してください。
あと故障している場合には警官が手で交通整理をする場合がありますがその指し示す意味をきちんと理解しておいてください。
必ず教習の時に習っているはずですが忘れた時にはネットなどを見て再確認して復讐をするといいでしょう。
基本どのような色であっても危険があると思て運転をしてください。
これは安全につながります。

赤や黄信号が点滅していたらどうする?

2015/05/25

街中を運転していると、昼間は他の信号機と同じように赤、黄、青の三色の点灯と消灯によって交通を整理していても、深夜になると赤色や黄色が点滅を繰り返している信号機を見かけることがあります。もし、普段通る場所の信号機が赤色もしくは黄色の点灯と消灯を繰り返している状態だった場合は、どのように通行すれば良いのでしょうか。


地球08
通常、赤色が点灯している場合は車も歩行者も停止し、黄色が点灯している場合は車も歩行者もやむを得ない場合を除いて停止しなければなりません。しかし、点灯と消灯を交互に繰り返している場合は、どちらも通行することができます。ただし、通行の方法については注意が必要です。
赤色の信号が点灯と消灯を繰り返している場合は、車は停止位置で一時停止をした後にすすむことができ、歩行者は周囲の状況に注意をしながら進むことができます。黄色の信号が点灯と消灯を繰り返している場合は、車も歩行者も周囲の状況を確認しながら進むことができます。つまり、車の場合は信号機のない交差点と同じように、前後左右の状況を確認して問題がない場合に進入し、直進および右左折をすれば良いということになります。また、進入時の速度は、いつも交差点内を通行する時と同じように、交差点内やその周辺の状況に応じた速度で進入すれば良く、徐行は必須ではありません。

黄信号の注意点!

2015/05/25

黄信号は進んでいいという意味でもなく止まれでもありません。
もしも交差点に入ったときに黄色になったときには速やかに渡り、まだ交差点に入っていない場合にはその場にとどまるのがこの信号のもたらす意味になります。
自分が発車しようとした瞬間に黄色になる事もありますが、その時に急ブレーキをかけないようにしてください。
後ろの車は当然信号を渡るものだと思い、同じように発信してしまいますが急ブレーキが原因で追突してしまいます。

地球07
この場合はどちらが悪いのかについては裁判で争うことになりますが、明らかに急ブレーキをかけた場合には自分の責任になってしまうのです。
黄色はその時車の状態によってもたらす意味が違いますので実はこの時にこそ事故が起こりやすいのです。
ですので黄色の時には慎重になって運転しなければいけません。
まだ初心者の方で交差点を渡りきる自信が無いというのでしたら次の信号が変わるときまで待っておくといいでしょう。後ろの車をイライラさせる原因になるかもしれませんが無理に行って事故を起こしてしまうとそちらの方がダメージが大きくなります。
ほんの数分程度待たされる程度のことですので心にゆとりを持って運転をしてください。

青信号の注意点!

2015/05/25

青信号の意味について勘違いをしてる方もいます。
これは進めという意味ではなく進むことができるという意味なのです。
どちらも同じよに思うかもしれませんが似て非なるものになります。
信号が青の場合でも交差点ですとそのまま進むと曲がってくる車と衝突してしまう可能性もあるのです。また歩行者の横断歩道をまたぐこともあり、ただ進めと解釈してしまうと歩行者妨害をする可能性もあります。
ですのでよく注意をして安全に走行する必要があります。
ただ進むことができるという意味なら進まずにそのまま赤信号と同じように止まっていてもいいのではと思うかもしれませんが、後続の車に進むように催促されるためにできません。


地球06
他の車の走行の妨げになるような行為をしてはいけないのです。
信号機が青になった瞬間にまるでレースのスタートになったかのように急発進をする方もいますが非常に危険な事ですので辞めてください。
横の信号が赤であっても信号無視をしてわたってくる可能性もあると思わなければいけません。
もしも歩行者に問題があったとしても車の方が強い立場になるために弱い歩行者に対しては配慮をしなければいけません。
青でも注意を怠り事故を起こすと損害賠償の対象になります。

赤信号の注意点!

2015/05/25

赤信号は停止の意味を持ちます。ですのでこの間は決してわたってはいけません。
わたっている途中で信号が赤になった時にはどうすればいいのかと思う方もいるかもしれませんが、青から赤になる前に黄色になりますのでそのような状況にはなりません。
もしも交差点を走行している途中黄色になったときにはそのまま進めますが、まだ進んでいない車は止まらなければいけないために赤で交差点に取り残されることはないのです。


地球05
ただ信号が赤でも走行できる場合もあります。赤の信号の下に青色の矢印が出ている場合にはその矢印に進む場合にのみ進むことができます。
一瞬赤なので走行出来なように思われるかもしれませんがこの場合は安全を確認して走行してください。
ちなみに夜間誰も走行していない道路ですと赤でも停止する必要が無いと思うかもしれません。しかし誰もいなくても絶対に交通ルールは守ってください。
誰もいないと思っていても実は人がいるかもしれません。もしも暗闇に紛れて人が見えずに赤でも走行してけがを負わせてしまった場合は運転手に大きな責任がのしかかります。
また警察が取り締まりをしているときには大きな減点になるのです。信号無視の交通違反は減点点数が大きいので気を付けてください。

知っておきたい赤、青、黄信号それぞれの意味

2015/04/29

日常生活で当たり前のように日々目にすることのある信号機ですが、意外とその色の意味を正しく理解している人は少ないようです。


地球04もちろん概ねの意味を理解しているからこそ交通事故も起こさずに日々の交通が動いているわけですが、今一度信号機の表示の種類について確認してみます。まずは青ですが、これはどうみても緑ではないかと感じる人も多いように、本来は緑信号と呼ばれていました。国際的にも緑と判断される灯りで、法令的にも緑信号と呼ばれていたのです。いつしか青と呼ばれるようになり、日本で一般的な三原となる赤、黄、青というものもあって、いつしか青信号と呼ばれるようになりました。この信号の意味は「進め」ではなく、「進んで良い」というものです。別に止まっていても進むように命令されているものではないのです。続いて黄ですが、これは「止まれ」が基本です。実際には「注意して止まれ」と解釈されている人が多いようですが、基本的には止まれという意味なのです。なお、一般的な解釈どおりで、停止するべき位置までに安全に停車できない場合には進んでも良いということになります。最後に赤ですが、これは唯一の絶対命令である「止まれ」です。信号の意味、皆さんは正しく理解しているでしょうか?