信号の種類と意味

交差点を安全に通行するためには信号機が出す信号の種類と意味を知ることは不可欠です。
まず、青色の信号が点灯している場合は、歩行者は進むことができ、路面電車と自動車は直進・右折・左折を行うことができます。軽車両と二段階右折が必要な原付自転車は、直進と左折はできますが、右折の場合は曲がる場所まで直進して向きを変える所まで行うことができます。
黄色の信号については点灯している場合と点滅している場合があります。歩行者の場合、点灯しているときは横断しようとしてはならず、横断中の人は引き返すか渡り切る必要がありますが、点滅しているときは周囲に注意しながら進むことができます。自動車と路面電車の場合、点灯しているときは停止位置で停止をし、ブレーキをかけても安全に停止できない場合は進むことができますが、点滅しているときは歩行者の場合と同様に周辺に注意しながら進むことができます。


地球03
赤色の信号も、黄色の信号と同様に点灯している場合と点滅している場合があります。歩行者の場合、点灯しているときは横断できませんが、点滅しているときは周囲の交通に注意しながら横断することができます。自動車と路面電車の場合、点灯しているときは停止位置で停止し、点滅しているときは停止位置で一時停止してから進むことができます。
また、黄色の信号もしくは赤色の信号が点灯中に青色の矢印が点灯した場合、自動車は矢印の方向に進むことができ、右向きの矢印の場合は転回が可能です。黄色の矢印が点灯した場合は、路面電車のみが矢印の方向に進むことができます。